友達は神社仏閣

パワースポット、スピリチュアルを特集し生活に潤いをもたらします

元乃隅稲成神社

1955年(昭和30年)に、地元の網元の枕元に白狐が現れ「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことを元に、太皷谷稲成神社(島根県津和野町)から分霊されて建立された[1]。全国の稲荷神を祀る神社が「稲荷神社」と記すのに対し、「稲成神社」の字を充てているのはこのためである。商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神[1]として、地域の人々の信仰を集めている。

f:id:michihiro1224:20180302222414j:plain

櫻木神社

千葉県で金運アップの神社を探しているなら、櫻木神社に参拝すると良いでしょう。鎮守の森と桜の木々に囲まれた豊かな自然環境の中に、本殿があります。櫻木神社で参拝すると、商売繁盛・宝くじ当選・千客万来など金運を高めてくれると言われています。御祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)・武甕槌命(たけみかづちのみこと)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の四柱。

f:id:michihiro1224:20170525172748j:plain

 

葛西神社

葛西神社が創建されたのは、平安時代の末期で1185年頃、後鳥羽天皇の時代のことです。下総国香取神宮の分霊や径津主神、日本武尊徳川家康尊が祀られており葛西神社で金運アップを祈願するなら、「金町弁財天」と書かれた黄色い金運御守をひとつ揃えて身につけておくことをおすすめします。

f:id:michihiro1224:20170523102813j:plain

大崎八幡宮

平安の昔、東夷征伐に際して坂上田村麻呂は、武運長久を祈念すべく武門の守護神である宇佐八幡宮を現在の岩手県水沢市に勧請、鎮守府八幡宮を創祀しました。その後、室町時代奥州管領大崎氏はこれを自領内の現遠田郡田尻町に遷祀し守護神として篤く崇敬した為、世に大崎八幡宮と呼ばれました。

大崎氏の滅亡後は伊達政宗公が居城の玉造郡岩出山城内の小祠に御神体を遷し、仙台開府後仙台城の乾(北西)の方角にあたる現在の地に祀られました。

この際に旧領の羽前国米沢にて代々崇敬しておりました成島八幡宮と共に祀られました。 社殿の造営にあたっては、当時豊臣家に仕えていた当代随一の工匠が招聘され、その手に成った御社殿は豪壮にして華麗なる桃山建築の特色が遺憾なく発揮されており、仙台六十二万石の総鎮守として伊達家の威風と遷宮当時の絢爛たる息吹とを今に伝えております。

藩政時代を通じ歴代藩主の篤い尊崇を受け、明治以降は大崎八幡神社と称しておりましたが、御遷座四百年を間近に控えその歴史的経緯を考慮し、平成九年六月、社名を大崎八幡宮に復し、現在に至っております。

尚、当社殿は安土桃山時代の我が国唯一の遺構として国宝建造物に指定されております。

f:id:michihiro1224:20170430113450j:plain

熱田神宮

熱田神宮」は数々のパワースポットがあります。熱田神宮三種の神器の一つ草薙の神剣が祀られており、戦勝祈願の神様として、織田信長桶狭間の戦い前に祈願したことで有名です。その他にも敷地内にある、八剣宮や上知我麻神社などもパワースポットですので、ぜひ本宮と合わせて足を運んでみてください、。熱田神宮の本宮やその他の社もパワースポットですが、参道は自然のパワースポットです。木が茂り緑が多く、まるで森の中を歩いているような気分になれます。都心で自然のパワーをたくさんいただける貴重な場所ですよ。

f:id:michihiro1224:20170424133004j:plain

上色見熊野座神社

TVでも取り上げられたこともあるのですが、SNSなどネット上での反応も凄いのだとか。伊勢志摩サミットの影響で海外でも伊勢神宮などに注目が集まっていますが、この「上色見熊野座神社」もそれに負けず劣らず、美しすぎると話題なのだとか。

f:id:michihiro1224:20170328131254j:plain